あなたが想像する「子供」と、一般的に感じている「発明家」は、もしかしたら全然違うものかもしれない。そうやって想像してみると、ちょっと不思議じゃない?

ぽかぽかした休日の午後に散歩を

三日月と山岳と蜃気楼
■HOME

涼しい水曜の午前は座ったままで

ここまでネットが必需品になるとは、幼かった私は全く予想できていなかった。
品物を扱う店舗は今から厳しくなるのではないかと考える。
ネットを使って、どこよりも安い物を見つけ出すことが可能だから。
レースが盛んになったところで頻繁に見かけるようになったのが、成功のためのセミナーや商材販売だ。
もはや、成功するための方法が売れるようになっていて、何が何だかピンとこない。
手段と目的を取り違えてしてしまいそうだ。

寒い大安の朝にお菓子作り
今日この頃、物語を読みふけるのはわずかになったが、昔に北方版水滸伝にはまっていた。
過去に訳された水滸伝を軽く見た時は、つまらなくて不満で、没頭することはなかったが、水滸伝の北方謙三版を精読したときは、興奮して、読み進めるのが止まらなかった。
仕事のなか休みや仕事が終わってからの食事中、入浴中でも精読して、1日一冊ずつ読み進めていた。
登場キャラクターが血が通っていて、雄々しい登場キャラクターがとっても多人数で、そこに夢中になっていた。

月が見える木曜の夕暮れにお菓子作り

毎晩、アサヒビールを飲むのが楽しみになっているけれど、最近はビールの後にワインを飲んでしまう。
もちろん、次の日に誰かと会うような仕事をしないときに限るけれど。
ひとり暮らしをしていた時に、マンションの近くでワイン専門店を発見して、父の日も近かったので購入したことがある。
私は若干見栄を張る癖があるので「1万円くらいのプレゼント用ワインを探しています」なんて言って。
家族にプレゼントした、ワインが一万円することを耐え切れずに言ってしまうと、父は気まずそうに「・・・うん、何かが違う」と言ってくれた。
その他の感想はないようだった。
それから、あまりワインの質にこだわらなくなった。
あー美味しいと感じるアルコールだったら、値段や質にはこだわらない。

笑顔で踊るあいつと飛行機雲
ネットでニュースを閲覧するけれど、紙の媒体を読むことも好きだった。
今は、無料で見れるインターネットニュースが色々あるので、新聞、雑誌はもったいなくて買わなくなってしまった。
ただ、小さなころから読んでいたからか、新聞のほうが短時間でたくさんの量の内容を得ることができていたけれど、ネットのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、濃い内容まで見やすい点はある。
一般的なニュースから関わりのある深いところまで調べやすいけれど、一般受けしなさそうな内容も新聞はちょっとした場所に小さくてものせているから目につくけれど、インターネットニュースだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
ごく最近では、アメリカの債務不履行になってしまうかもという話が気になる。
債務不履行になるわけないと思っていても、仮になったら、日本もそれは影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

蒸し暑い日曜の午前は立ちっぱなしで

わたしは、敏感肌で、ファンデーションはほとんど使用してはいけないし、スキンケアも一部だけだ。
仕方がないので、フルーツやサプリの力に任せているが、長らく摂取しているのがコラーゲンだ。
コーヒーに溶かして、しばらく習慣にしているけれど、少しだけ素肌がハリが出てきた。
なんと、習慣にしてから実感するまで即効性があったので、嬉しかった。

ゆったりとお喋りするあなたと俺
甘いおやつがめっちゃ好みで、洋菓子や和菓子を自分でつくるけれど、娘が大人のものを欲しがる年になって作るおやつが限られた。
私と妻がとても喜んで食べていたら、娘がいっしょに欲しがることは当たり前なので子供も食べられるケーキをつくる。
私は、ガトーショコラがめっちゃ好きだったけれど、しかし、娘にはチョコレートなどはまだ食べさせたくないのでつくるのを控えている。
ニンジンやバナナをいれた蒸しケーキが体にもいいと考えているので、砂糖とバターを控えめに入れて焼く。
笑った顔でうまいと言ってくれたら、とってもつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
このごろ、ホームベーカリーも使用してつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

そよ風の吹く祝日の早朝にこっそりと

堤防の近くに自分たちは、在住しているので、地震津波を母が心配してくれている。
特に大震災後は、家がどのくらい海から離れているのかとか地理的に高い場所は周辺に存在するのかとか話す。
私も怖いのだけれど、造作なく条件のあう物件も見つかるわけではない。
しかれども、現実に高潮がくるとなってしまった場合にのがれる道のりを設定していないとと考えるけれど、湾沿いしか近くに道路がないので、しっかり考えたら怖いと思った。

熱中してダンスする兄さんと冷たい雨
人類の70パーセントは水だという調査もあるので、水分摂取は一つの体のベースです。
水分補給を怠ることなく、みなさん健康で楽しい季節を過ごしたいものです。
ぎらつく日差しの中より蝉の声が聞こえるこの時期、普段はそこまで外出しないという方でも外出したいと思うかもしれません。
すると、女性だったら日焼け対策に関して敏感な方が多いかもしれません。
夏のお肌のお手入れは夏が過ぎた時に出てくるといいますので、どうしても気になってしまう所ですね。
やはり、すべての方が気になっているのが水分補給に関してです。
まして、いつも水分のとりすぎは、あまり良くないものの、暑い時期はちょっと例外の可能性もあります。
なぜかというと、多く汗をかいて、知らない間に体から水分が出ていくからです。
外に出るときの自身のコンディションも影響するかもしれません。
ともすれば、自分自身が気づかないうちに軽い脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
暑いときの水分摂取は、次の瞬間のコンディションに出るといっても過言ではないかもしれないです。
ちょっと歩く時も、小さなものでオッケーなので、水筒があったらとても経済的です。
人類の70パーセントは水だという調査もあるので、水分摂取は一つの体のベースです。
水分補給を怠ることなく、みなさん健康で楽しい季節を過ごしたいものです。

のめり込んで歌う彼と飛行機雲

スタートさせたら、完璧に仕上がるまで多大な時間がかかるものが、世界には多くみられる。
代名詞は、外国語だと思っている。
実は、韓国語はまれに、私たちが話す日本語と語順が一緒で、尚且つ日本語と同じ音が多いので、身に付きやすいらしい。
韓国語を勉強した友人曰く、今から始めても割と身に付きやすいので飽きないよ、とのこと。
なんとなく憧れたけれどどうしてもハングル文字は記号にしか見えない。

涼しい平日の午後は外へ
仕事の関係で鹿児島に暮らしてみて、霊前にその日その日、花をあげている方が多人数なことに呆気にとられた。
少しお歳の女性は、日ごとに、お墓に生花をやっていないと、周りの女性の目が気になるらしい。
日ごとに、菊をあげるので、家計の中の切り花代もとても大変らしい。
毎日、周りの高齢の主婦の方はお墓に集まって切り花をあげながら、語らいもしていて、墓のどよんとした空気はなく、あたかも、騒がしい広場みたいに明るい空気だ。

TOP

メニュー

Copyright (C) 2015 三日月と山岳と蜃気楼 All Rights Reserved.