アナタが想像する「オジサン」と、みんなが感じている「カクテル」は、もしかしたらまるっきり違ってるかも。そんなことを考えてみると、少し面白くない?

汗をたらして吠える姉ちゃんと壊れた自動販売機

三日月と山岳と蜃気楼
■HOME

怒って泳ぐ君とあられ雲

元ブラックビスケッツのビビアン・スーは、容姿端麗で賢い女性だ。
すでに30代後半なんて、まったく信じることが出来ない。
過去に見たテレビ番組で、脳裏に焼き付いているのが、ビビアン・スーが、英語のインタビューに答えていたところ。
まだ学習中みたいだったけれど目を引くくらい努力が見られた。
今となっては英語はもちろん日本語だって、すでに話せるだろうとみている。
ビビアンの驚くべき素晴らしさは目を見張る位だ。

控え目に熱弁するあいつと横殴りの雪
ある真夏の朝。
少年は外で、アリの行列が死んだ虫をせっせと運ぶところを注意深く観察していた。
アリ達は一所懸命に動き回っているのだけど、虫の死骸一つでこんなにたくさんの蟻がいたって、無駄なんじゃないかと、少年は不思議に思った。
少年は、蟻たちを指ではじいたらどうなるだろう、という好奇心がわいてきた。
だが、今日は単純に見守ることにした。
暑い夏の日なので、少年の汗は顔中からあふれ、ポタポタと地面に落ちた。

のめり込んで自転車をこぐ彼女と壊れた自動販売機

いつかの深夜の出来事だけど、私は友達と、横浜から高速道路を利用し、サザンビーチに行ってみた。
なぜかと言うかは、大好きな一眼レフで写真を撮影するためだったが、上手に写せない。
海辺は長く来ていなかったから、しだいにヒールを脱いで海の中に入りはじめた。
それも飽きて、砂浜で山を作ることをしはじめた。
それまでは、たぶん近くにあった黒い一眼レフ。
じゅうぶんに滞在して、帰宅の中、ガソリンスタンドで一眼レフが鞄に入っていない事にびっくりした。
しょうがないと思いマンションまで帰るも、しばらく、とてもさみしかったのを覚えている。
多くの記録が入っていたお気に入りの一眼レフ、今はどこにいるんだろう?

具合悪そうに熱弁する妹と擦り切れたミサンガ
午前中、時間にゆとりが持てたので、ゲオに足を運んだ。
新しくウォークマンに挿入する音楽を探すため。
現在進行形で、しょっちゅう聞いたのが西野カナさん。
だいたい聞いているのが洋楽。
ヨーロッパのアーティストの作品も素敵だと思う。
そう思い立って、今日は借りたのは、シャルロット・ゲンズブールだ。
甘いヴォイスとフランス語が似合うと思う。

のめり込んで歌う友人と冷めた夕飯

東京ではるか昔より有名な下町が、浅草。
最も歴史のあるお寺が浅草寺だ。
ついここ最近、参拝に行った。
久しく行く台東区浅草参り。
いっそう、自分の目でちゃんと直視して理解したのが、海外からのお客様がたくさんいること。
世界中から旅行客の集うここ浅草、昔よりどのように見ても多い。
おそらく、世界一の電波塔である、スカイツリー完成の関係もあるだろう。
アジア方面からは、ビッグバードハブ化によってアクセスが良いという事から、それと、ヨーロッパの方や欧米諸国からは、着物や和装小物に憧れて来る観光客が多いと思う。
いずれ、これからの未来も多くの外国人がやってくることを想像させられた。
この国の素晴らしさを見つけぜひ楽しんで心に残る思い出にしてほしい。
一方の私は、仲見世通りを思いっきり観光することができた。
お土産に名物の人形焼と、雷おこしなどをたくさん買って、櫛やかんざしも観賞させてもらった。
宝蔵門を抜けると、威厳のある本堂が見えてきた。
この瓦屋根はさびにくい性質を持つチタンを使って、工事を行ったそう。
本堂の観音様にお礼と旅の無事をかねてご参拝した
頑張りがいつか実るといいなと。

気どりながらダンスする父さんと季節はずれの雪
北方謙三版の水滸伝の人間味あふれていて男らしい登場人物が、オリジナルの108星になぞらえて、主要な作中人物が108人でてくるが、敵方、政府側の登場人物も人間味あふれているのがいて、血が通っていると思える。
作中人物に実際の人の様なもろさが見えるのもまた、心がひかれるわけだ。
弱いなりに自分の夢とか未来の為に極力一生懸命なのが読み進めていて興奮する。
読みふけっていて楽しい。
それなのに、魅了される作中人物が悲しい目にあったり、夢がなくなっていく話も心にひびくものがあるから魅了される歴史小説だ。

具合悪そうに走る兄弟と穴のあいた靴下

知り合いが少し前にエサ釣りに行ったらしいが、何匹しかあげれなかったらしい。
ザコが多くて、フカセ釣りが難しかったらしい。
しかし外道だがイノコの50cm近くが釣れたらしいから、うらやましい。
いつだったか、もらって新鮮なうちに味わったがめっちゃ味わい深かった。
おいしくて大物がいると知ってしまったら楽しみでしょうがないが、まだ我慢して今度だ。

控え目に大声を出すあの人と季節はずれの雪
此の程、おなかの脂肪をなんとかしないとと考え毎日、筋トレをしている。
8キロ程度の子供を自分の足元にのせて回数を数えながら腹筋を行っていたら、わが子との遊びにもなるし、子供も一から数を心覚えるし、自らの横腹の脂肪も少なくなるし、一粒で二度おいしいことだとばかり思っていたら、最初のうちは、喜んでいた子供も退屈なのか、やらなくなってしまった。

ゆったりと踊るあなたと枯れた森

私はお肉をそこまで好物ではない食生活はどうしたって魚類が主流になってくる。
で、例年の、土用丑の日は、結構イベントごとだ。
江戸のあたりでウナギを開く場合、背開きという習わしがあるという。
どうしてか話すと、昔から武士社会なので、腹開きにすれば切腹に通じてしまいタブーなため。
一方で、大阪あたりで開くうなぎには、腹開きにする事が風習。
理由は、大阪の方は商業の町なので、お互いに腹を割りましょうと言う意味につながるから。
逆説で、自腹を切るの意味にも通じるので、場所によっては良いとは言えない時も。
理由は、大阪の方は商業の町なので、お互いに腹を割りましょうと言う意味につながるから。
逆説で、自腹を切るの意味にも通じるので、場所によっては良いとは言えない時も。
こちらの知識は、観光バス会社で働いていた時に、毎回、観光客に話していた豆知識です。
都内からスタートして、静岡の浜名湖のウナギを食べるために行くという内容。

陽気にお喋りする彼女と電子レンジ
とある大きな内容の業務があったとき「大丈夫だろう」と考えていた昔。
その時、私たち新入社員みんなが「過ぎちゃえばなんてことないよ」など楽観的にとらえていた。
そしたら指導専門の上司が促した言葉が記憶に残っている。
「成功に向かってしっかり時間を費やしたからこそ、業務終了後に無事だっただけの話。
よって、今のあなたたちのように簡単に構えていて、運よく業務が大したことなかったという意味ではありません。
過ぎれば簡単だったといった本当の意味は、それとは逆です。
前から真面目に勉強し準備を進めたからこそ能力が業務内容を越えて、仕事が円滑に進んだと言っています。
がっつりやる気になりましたか?
甘く見ないで頑張りましょう。」
と言うセリフ。
その後、私は頑張って勉強ししっかり仕事をすることができた。

TOP

メニュー

Copyright (C) 2015 三日月と山岳と蜃気楼 All Rights Reserved.